ねずみ退治の方法について

日本国内には多くの種類のねずみが生息しています。その中で家ねずみと言われているのが、ハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミの3種類で、家の中やビルや飲食店、そしてその周辺に住み着いています。

 

ねずみはご存知の方も多いと思いますが、硬いものをかじる習性をもっており、

電気などの配線などをかじることがあるため、電気設備を破損させたり、火災事故の原因となるケースもあり、私たちの生活に様々な被害をもたらします。

 

また、ねずみやねずみの巣には、

イエダニが繁殖しており、このイエダニはやっかいなことに吸血性です。

大量に発生したイエダニが室内に入り込み、

人が吸血されてしまうという被害も報告されています。

 

ねずみの生息が確認できた場合、

様々な被害が出る前に、急いでねずみ退治を行う必要があります。

 

ねずみ退治の方法はいくつかありますが、代表的なものは、

粘着式ねずみ捕りやねずみ捕り用のカゴ、圧殺式捕鼠器を用いて駆除する方法です。

 

事前にねずみが出没しそうな場所を確認したり、

周りにえさとなるようなものが無いかどうかチェックするなど気を付けるべき点がありますので、事前準備をしっかり行いましょう。

 

また、薬を用いて駆除する方法も一般的に用いられています。

まず、ひまわりの種やさつまいも、食パン、お菓子など無毒の餌のみを与えて、

ねずみに餌場としての認識をもたせることで油断させ、食べなれてきたのが確認できた段階で、殺鼠剤を混ぜてねずみを駆除します。

 

また、毒の餌を作る場合は危険ですので注意が必要です。

安全のために必ずマスクや手袋をはめて行うようにしましょう。

ねずみ退治がうまくいった場合もそれで終わりではありません。また同じことにならないように、予防対策も合わせて行うことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *