現代でもねずみ退治は必要です

社会科の教科書に登場する高床式倉庫ですが、その倉庫が誕生した背景には、とある害獣が潜んでいます。

とある害獣の正体ですが、今でもたまに見かけるねずみになります。

今では命を直接揺るがす程の害獣ではありませんが、
高床式倉庫が誕生した遥か古代の時代において、ねずみに食料庫を荒らされる事は、人々にとって死活問題でした。

ねずみが荒らした食料庫の作物は、食用に出来ません。
たとえ物理的に全てを食い荒らされていなくても、ねずみがかじった食料は不衛生な状態となり、食べれば病気のリスクが出てきます。

古代の時代に比べて被害の程度はマシになりましたが、
現代でもねずみ退治の必要性は薄れていません。

自宅に食料庫を持つ家庭はまだまだありますし、逆に現代だと高床式の倉庫ではありませんので、返ってねずみの侵入を許しやすいでしょう。

本格的なねずみ退治をしたい家庭は、必ず地元の駆除業者に連絡を入れましょう。

素人が迂闊にねずみに触ってしまうと、それが原因で感染症などの健康被害を受ける恐れがあります。

また家庭や食料庫に出没したねずみを一匹、一匹退治していては、あまりにも非効率です。

ねずみ退治をきちんと済ませるためには、彼らの巣穴を叩くしかありません。

出没するねずみをその都度、撃退しても、ねずみは繁殖力が旺盛ですので、すぐに退治した量を超える子供が発生します。

また害獣とは言え、ねずみは哺乳類です。たとえ害獣と分かっていても、
小動物を直接退治する事に抵抗を覚える女性は多いと思いますので、専門家にねずみ退治を代行してもらった方が良いでしょう。
ねずみ退治の方法をしっかり調べておくのも重要ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *