Skip to content

ヨガウェア選びでの注意点

ヨガウェアはどんな服装でも良いように見えて、適さない服装があります。

例えばよくありがちな失敗としてコットンのTシャツで、安上がりで体型も隠せるので選びがちですが、ヨガでは多量に汗をかくのでシャツに汗じみになり臭いも発生して周りに嫌がられる恐れがあります。またシャツではめくれ上がることが多々あり、邪魔になるし胸元が晒されることもありヨガウェアには向かないとされます。またシャツと同じ理由でショートパンツもヨガに向きません。

ヨガに向いているのは吸汗で速乾素材のものを選ぶのがポイントで、フードのついたパーカーのような厚手のものはいろんなポーズでフードが邪魔になり厚手なので体温調整がうまくいかない事も適さない理由です。よってスウェットやジャージもヨガウェアに合わない服とされます。女性で気になるのがヨガを行う場合のブラが挙げられます。ヨガを行う場合普通につけるワイヤー付きのブラジャーの場合、胸元を強く締め付ける作りになっているのでヨガでの自然な呼吸の邪魔になり、ヨガは動きがハードであるため動けばブラジャーの紐がずれてしまい集中できなくなったり、汗をかいて痒くなってしまうといったデメリットがある為使うことは控えた方がいい点です。

最適なのはスポーツブラでトップスはスポーツブラだけにしても良い程で、動いてもずれる心配がなくポーズがきちんと決まっているか確認がし易いとされます。総合的として体型を隠す作りのものは、ヨガをするには邪魔になるので気をつけるべきポイントとなります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *