Skip to content

ヨガで推奨されている健康的な食生活

ヨガには、推奨されている健康的な食生活があります。

必ずしも強制されるものではありませんが、インドのヨガ道場などでは厳格に守られているものです。食べ方に関しては、早食いや食べ過ぎは良くないとされています。胃の半分は食べ物で満たし、胃の4分の1は飲み物で満たし、残りの4分の1は残しておくのが良いとされています。1日1食がヨガをする人の食事回数とされ、2食は普通の人の食事とされ、3食は悪魔の食事回数と言われています。食べるものは、新鮮な野菜を中心とした菜食な食事です。

シンプルに調理されたものが良く、揚げ物や炒めもの、煮込み料理などは好まれず、生か簡単に蒸したり、煮たり、焼いたものが良いとされています。新鮮な食べ物には活力を与えてくれるが、新鮮でないものや加熱し過ぎたものは消化が悪いものとされているからです。冷凍食品、レトルト食品、お菓子、缶詰、漬物、発酵食品などは新鮮でないものとして好まれません。消化が悪く、活力がない食事だと考えているからです。再加熱なども消化を悪くするので、弁当なども温めたりしません。

菜食をするのは健康に良いからだけではありません。動物を殺すことに反対していますし、わざわざ動物を育てて食べるのが非効率であり、贅沢だからです。動物を育てるなら、その分を直接、人が食べれば食糧問題も緩和されると考えています。菜食の中でも熟したフルーツは最も適した食べ物とされています。根菜類は食べてしまうとその植物の命を奪うので食べない人も多いです。また、ねぎ、ニンニク、ニラ、玉ねぎなどは栄養価が高過ぎて、禁欲が必要なヨガ修行者には不適切なものとされています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *