Skip to content

健康のために家でヨガをやる

ヨガとは高僧が修業のために行うものと広く一般の人が健康のために行うものの二つの意味がありますが、基本的には高僧が修業のために始めたものが普通の人でも気軽にできるようになったのが言われているものだという説が有力なので、どちらも根本は同じということになります。

つまりは、体の外と内から健康と鍛錬を行うもなのです。とはいえ、健康を維持することがメインのヨガなので、辛くて厳しいものではありません。ヨガの基本は呼吸です。生きていくうえで無意識に行っていることを見直すことが健康への第一歩なのです。呼吸と言ってもただ吸って吐くだけではありません。体をリラックスさせながら、正しい姿勢へと導きつつ深い呼吸を行うことにより、隅々まで新鮮な気を巡らせるのです。

決して激しい動きは行わずに一定の呼吸を繰り返しながらゆっくりとさまざまなポーズをとります。こうすることで普段使われていない筋肉がほぐれ、また、凝り固まった箇所をほぐすので気が流れやすくなります。呼吸を意識することで腹式呼吸へと切り替わり、それが自然に行われることで姿勢もさらに良くなるのです。

また、声も通りやすくなりますし、血行も良くなるので顔色もよくなりますし、代謝もあがります。代謝があがると肌への活性化にもつながり、若返りやアンチエイジングへの効果も期待できます。しかも、いつでもどこでもできるのがヨガです。さまざまな体制をとるためには専用のマットなどが必要なこともありますが、呼吸と体を伸ばすだけなら仕事の合間にもできるので、おすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *