Skip to content

ヨガで体のめぐりを良くする

ヨガの人気が高まっているといわれています。

とかくダイエット効果ばかりが注目されがちですが、深い呼吸と共に様々なポーズを行うことで、体のめぐりを良くして体の様々な不調をやわらげる効果が期待できます。例えば一日パソコンの画面を見ていることの多い仕事の人は肩や首、目の奥などが疲れて鈍い痛みを感じることがあります。疲労で筋肉が凝り固まってしまい、めぐりが悪くなっていることで、凝りや疲れなどがたまっている状態ですが、こうした症状を緩和するのにもヨガは効果的です。

家でゆっくりとくつろいで行うのが理想ですが、疲れを感じたときにオフィスでも簡単にできるポーズもあるので、やり方をマスターしてちょっとできるようにしておくと、疲れが極限までたまって体の不調を招く前に少しだけ体のめぐりを良くして症状を緩和することが出来ます。疲れがたまったと感じたら深く息を吸いながら両方の腕を組んで頭の上にまっすぐに伸ばします。そして次にゆっくりと息を吐きながら左右両方に体を伸ばすようにして曲げます。

このポーズを何度か繰り返すことで、肩から首にかけての疲れがやわらぎ、凝り固まった筋肉をほぐす効果があります。このヨガのポーズは椅子に座ったままでも行えるものですが、出来れば伸縮性のある服装に着がえ、ヨガマットの上に座って腰を立てて安楽座になり、このポーズを行うのがおすすめです。深い呼吸を何度か繰り返すことで心と体をリラックスさせ、ゆっくりとポーズをとることで、さらに効果が高まります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *