Skip to content

健康的なヨガ修行者の暮らしについて

ヨガ修行者の暮らしはとても健康的なものになっています。

インドではいくつかのアシュラムと呼ばれるコミュニティがヨガ修行者を受け入れています。団体により多少の考え方の違いはありますが、基本的には似たようなことをやっています。ヨガ修行者と言っても、特別な人である必要はありません。休みが取れて、必要経費が払えて、修行中はアシュラムのルールやカリキュラムに従えれば良いのです。精神修行する場ですから、質素で簡易な生活をすることが求められます。カリキュラムは、以下のような感じです。

朝は瞑想とヨガのポーズをします。その後、お経を唱えて、説法を聞きます。そして早めの昼食と言うか、遅めの朝食と言うか分かりませんが、ご飯を食べます。その後は休憩してから奉仕活動をします。活動内容は個人差がありますが、掃除などが多いです。午後はヨガの理論を学びお茶の休憩後に再びポーズをとります。夕食を食べたら休憩し、再びお経を唱えて、説法を聞きます。早寝早起きで、菜食の食事を実践するのでとても健康的です。

太っている人は痩せます。心身の健康を取り戻すために、1年に1度はアシュラムに滞在すると良いと言われています。滞在期間は1週間程度でも構いません。お金と時間があれば数ヵ月いる人もいます。場所は田舎にある場合が多くなっています。新鮮な空気と水があるので、滞在しているだけでも健康になれる気がするようなところです。休みが取れるなら、行ってみると良いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *