Skip to content

失敗しないヨガウェアえらび

ヨガウェアは、様々なメーカー・ブランドで素敵なデザインが多くあります。

広告や雑誌によく載っているイメージとして、ゆったりとしたサルエル風やドレープが大きいヨガウェアがすぐに浮かぶかもしれません。実際、それらの画像や雰囲気はヨガのリラックス感にぴったり合っているようですね。

しかし実は、イメージで着るヨガウェアとヨガの動きに最適なヨガウェアには、違いがあります。ヨガをやったことのある方、やっている方は実際に体験したり実感したことがあるかもしれませんが、ゆったりとしたヨガウェアでは、ポーズの邪魔になってしまうことがあります。

例えば、頭を下げてお尻を高い位置に上げるダウンドッグでは、胸元のドレープが顔に被さってしまったり、英雄のポーズで腕を高く上げるとゆったりめのスリーブがずるずると落ちて動作がしづらくなったりもします。

自分の姿勢や身体の動きを確認しながら、じっくりとヨガのポーズを行うには、実はある程度身体にフィットするウェアがお勧めです。すでに他のスポーツ経験があって、着慣れているスポーツウェアがあるなら、スタートするにはそれで十分です。

ヨガ教室やスポーツクラブのヨガインストラクターの方が着ているウェアを参考にしてもよいでしょう。Web検索してみても、ヨガのポーズをしている人の画像は色々出てきますが、ポーズが綺麗な人ほどウェアは身体にフィットしている場合が多いように見受けられます。

他に気をつけたいことは、ウェアのストレッチ性が高いことと、おヘソを見せたい方以外は、パンツの股上があまり浅くないほうが露出の心配なくヨガができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です